Warning: Constant WP_CONTENT_URL already defined in /home4/fasutoio/_sites/casinojapan.net/wp-config.php on line 198

Warning: Constant FORCE_SSL_ADMIN already defined in /home4/fasutoio/_sites/casinojapan.net/wp-config.php on line 202
サムライブルー:1xBetが選ぶヨーロッパでプレーする日本人サッカー選手トップ5 - カジノジャパン

2022年のカタールW杯で、日本代表チームはグループ1位となり、ドイツとスペインに勝利しました。この結果は自然なものです。徹底した高度な組織化と才能ある選手の選抜が、欧州の巨人を倒すことを可能にしました。グローバルブックメーカーの1xBetは、世界最強のリーグで活躍するトップ5の日本人選手をご紹介します。 

板倉 滉 / Ko Itakura(ボルシアM)

板倉選手は22歳にも満たないうちにマンチェスター・シティに移籍したセンターバックです。しかしそこでの地位を確立することができませんでした。数回の期限付き移籍を経て、ボルシア・メンヒェングラートバッハの主要選手となりました。板倉選手は守備を上手くこなす一方で、セットプレーの際の鋭いポジショニングにより、相手ゴールを防ぐ脅威となっています。そしてまもなく昇格する可能性が高いです。トッテナムとナポリが彼に興味を示しています。

冨安健洋/Takehiro Tomiyasu(アーセナル)

冨安は水泳選手になるという選択がありましたが、運命は彼に違った道を用意しました。11歳の時にヨーロッパでサッカー人生が始まりました。スペインでのトライアル中に健洋はバルセロナのスカウト達を魅了しましたが、ビザの問題で移籍はキャンセルされました。その後、母国でプレーし、2021年にボローニャを経由してアーセナルに加入しました。そこで現在スタメンの座を争っています。ミケル・アルテタは健洋のサッカー選手としての万能性を評価しており、ほとんど全ての守備ポジションで彼を使っています。主要選手が負傷した際に、最強チームにとって欠かせない人材となるのが、このような選手なのです。

久保建英/Takefusa Kubo(レアル・ソシエダ)

日本の天才少年は若くしてバルセロナに移籍しましたが、1試合も出場できませんでした。久保のその次の欧州のクラブはレアル・マドリードで、これにバルサファンは不満でした。久保は東洋的な落ち着きをもってファンの批判に冷静に対処しました。「彼らはあなたをライバルとみなす。18歳の少年として見るわけではない。」。 久保はマドリードで足場を築くことができませんでしたが、レアル・ソシエダでは技術とサッカーの能力でラ・リーガを魅了しました。

鎌田大地/Daichi Kamata(ラツィオ)

アイントラハト・フランクフルトは鎌田大地の才能を見抜くことに成功しました。鎌田はクラブで5年過ごし、オリバー・グラスナー監督が欧州リーグ優勝を果たしたチームのキープレーヤーとなりました。鎌田は得点力やあらゆる複雑なパス能力、賢いポジショニングの選択ができます。このスキルセットは、英・独・伊の巨人たちの鎌田への関心を引き付けました。鎌田はラツィオを選び、マウリツィオ・サリはサウジアラビアに移籍したセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチのポジションで彼を起用しています。

三笘 薫/Kaoru Mitoma(ブライトン)

三笘は短期間のうちにプレミアリーグのスターの1人となりました。バルセロナとアーセナルはすでにこの日本人ウインガーに興味を示しており、ブライトンは三笘を7000万ユーロと評価しています。三笘の素晴らしいドリブルは、イングランド最高のディフェンダーさえも当惑させます。三笘は相手ディフェンスの隙間を巧みに見つけ、対戦相手をかわします。さらに、空いたスペースで彼を追いかけることはほぼ不可能です。

日本人のスター選手達は、世界最高のリーグで今なお活躍し続けています。

彼らの成功を願い、1xBetでベットをしましょう! 1xBetの高い評判は、何百万人ものプレイヤーの信頼によって裏付けられています。1xBetアプリなら、世界中のどこでも、都合の良い時間にベットをすることができます。