ホーム - ルーレットの投資法

ルーレット投資法


ここであげる投資法は、必勝法では、ありません。
おそらく、カジノの世界に必勝法なんていうものは存在しないと思います。
ただ、覚えておいた方がいい投資法というものは存在します。それをここで説明いたします。

マーチンゲール法とは

聞いたことがある方もいるかも知れません。カジノの世界では、有名な投資法です。

ルーレットで赤か黒に掛けるなど1/2の確率で勝てるゲームで有益です。

1.確率1/2のゲームで最少賭金(最少賭金が$1の場合)を賭けます。
2.勝ったらまた$1を賭けます。
3.負けたら賭金を2倍にしていきます。
4.勝ったら最少賭金の1ドルに戻します。
5.これを繰り返します。

下記の表でかけ方を参照してください。

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 16 32 64
勝敗 × × × × × ×
損益 −1 −3 −7 −15 −31 −63 +1

ごらんのように勝てば1ドルづつ増えていきます。最低掛け金を5ドルにすれば勝つたびに5ドルづつ増えていきます。

パーレイ法とは
パーレイ法は別名「転がし戦法」とも呼ばれ、ゲームに勝ったらそれを全て次につぎ込むという投資法です。要するにマーチンゲールの逆です。カジノでは1枚のチップを2倍出目に賭け続け、5回連続で勝つと最初の1枚が32枚になります。個人的にはルーレットで7回連続で勝ち、$1が$128になりました。 どこで止めるかがポイントです。 バカラやブラックジャックで勝つには、この投資法をいかに成功させるかにかかっています。成功すれば少額の資金が短時間で大金になります。以下の表を参考にしてください。
回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 16 32 64
勝敗
損益 +1 +3 +7 +15 +31 +63 +127


グッドマン法
この方法は、パーレー法のリスクを少なくしたバージョンで、私は弱虫バーレー法と呼び、 弱虫な私は愛用しています。(笑)
以下の表を参考にしてください。
回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金
勝敗 ×
損益 +1 +3 +6 +11 +6 +7 +9

1・2・3・5・5・5・・・と負けるまで5を賭け続けるわけですが、当然リスクが減った分、大儲けは期待しにくい方法です。

ベアビッグ法とは
0と前回ルーレットで出た数字以外に全て$1賭ける。
同じ数字が2回連続で来る確率は1296分の1。当たる可能性はかなり高い。
これを繰り返せば$1ずつ儲かりまくる可能性がある。

こつこつ貯めるのには、向いてるかもしれません。
マーチンゲールのように、取り返しのつかない事になってしまう事もないでしょう。(0が来ても負けるのは$35ですから)
ですが、ギャンブルを楽しみたいという方には、お勧めできない方法のような気もします。


© 2005 カジノジャパン・ネット
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。