ホーム - ルーレットの歴史

カジノといえばルーレット。私もルーレットが大好きです。
マーチンゲールなど有名な投資法も使えて一番稼げるゲームかも知れません。
私の場合、オンラインカジノをやる時はまずはルーレットって感じで居酒屋でまずはビールを注文する
感じでルーレットをプレイしています。
ですが、そんなルーレットには知らないことがたくさん。
そんなルーレットの謎を一つ一つクリアしていきましょう。
で、記念すべき第一弾は歴史です。
あまり興味ない人もいるかもしれませんが、知っておいて損はないと思います。
知っていても得することもありませんが(笑)

ルーレットの歴史はあきらかではありませんが、
さまざまな逸話があります。

  • 古代ギリシャでは、盾の上に剣を置いて回転させ、その剣先がとまる場所を賭けの対象としていた。
  • ローマ時代には、囲いの中に戦車を模した色付きの玉を入れて転がしたゲームがあった。

と言うような伝説が残っていますが、
実際に今のようなルーレットになったのは1655年のこと。
フランス人の数学者Blaise Pascal(右)が今のルーレットを発明し、
パリにある当座しのぎのカジノで初めてプレイが行われたそうです。
また、フランス人の僧侶が単調な生活に刺激を求めて生み出したという説もあり、
その説では666のマジックスクエアで動物の駒を使った古い中国のゲームをなぞらえられたと言われています。
この動物の駒は0から 36の番号に変えられ、回転するホイール
のヘリにばらばらに取り付けられたそうです。1800年代の初期のフランチルーレット
のホイールには0と00があったので、この逸話は間違っているとは言いきれないと思います。


© 2005 カジノジャパン・ネット
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。