ホーム - ポーカー簡単解説

基本ルール
 ポーカーはカード5枚の中でできる役に強弱があり、それによって勝負がつきます。
1,ポーカーの役
 (1)ノーペア = 以下のどの役も無いもの
 (2)ワンペア = 5枚の中に同じ数字のカードが2枚ある(ペア)もの
 (3)ツーペア = 5枚の中に2種類のペアがあるもの
 (4)スリーカード = 5枚の中に同じ数字のカードが3枚あるもの
 (5)ストレート = 5枚すべてが連続した数字のもの。ただしKからAにはつながらない。
 (6)フラッシュ = 5枚すべてが同じスート(スペード・ダイアなど)のもの
 (7)フルハウス = 5枚がペアとスリーカードになっているもの
 (8)フォーカード = 5枚の中に同じ数字が4枚あるもの
 (9)ストレートフラッシュ = 5枚のカードがフラッシュとストレートになっているもの\

2、カードの強さ
 (強)A>K>Q>J>10>9>8>7>6>5>4>3>2(弱)
ポーカーは結構日本でも人気あってゲームセンターなんかでコインゲームとしてやったことがあるのですんなりできました。
エンパイヤポーカーでも同じで簡単に遊べるのでここをクリックしてね。

3、カードのスート(種類)
 ポーカーの強さにスペード、ダイヤなどのスートは関係しません。ただし7スタッドなどで最初にベットする人を決める時とか、席決めの時に同じ数字が配られた場合、(強)スペード>ハート>ダイヤ>クラブ(弱)の順で判断します。

4、ポーカーの勝ち負けの判断
 1に書いた役の強いほうが勝ちです。問題は同じ役の場合で、これは以下のように判断します。
 役を構成するカードをカードの強さで比較し、それが同じ時は、役以外のカードを上から比較していきます。 そして全て同 じ場合のみ、引き分けとなります。

例外はストレートの比較で、5432AというストレートのAは最弱と考えます。 なお32AKQというようにKからAにつながるストレートは認められません。

カジノオンネットでもプレイできるので楽しんでください。


© 2005 カジノジャパン・ネット
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。