ホーム - ゲームの種類

チャイニーズ・ポーカー(さらにロシアのポーカーと呼ばれた)

52枚のカードのデッキが使われ、13枚のカードが4人のプレーヤーにそれぞれ配られます。各プレーヤーは“フロント”、“ミドル”、“バック”として知られる3つの最良のポーカーの手に その13枚のカードを調整します。“フロント”は3枚の手です。“ミドル”と“バック”は5枚の手で、“フロント”(3枚の手)より大きいランクにしなければなりません。 もし、あなたが放棄の選択をつけてプレイするなら、カードが配られた後(そして、それらのカードを3枚に調整した後)に、プレーヤーはプレイするか放棄するかを選択します。 もし、放棄するなら他のプレーヤーに罰金としてそれぞれ2チップ(またはポイント)を渡します。もし、プレイする場合は、プレーヤーの3枚の手が他のプレーヤーと比較されます。 勝つ手ごとに1チップをもらい、全面的に勝った人は余分にチップをもらうことができます。あなたは各ゲームの放棄を受け入れるオーダーを交替することができます。

チョーアハ

マイク・チャウチャウによって発明されて、このホールデムの異なる点の一番分かり易いルールはスコット・ウルフィントン( Scot Wolfington's site )のサイトに書かれてあります。 人気のBARGEやChowahaは2000年のTOCのチャンピオンのスペンサー・サンの好きなゲームでもあります。

Razz(ラズ)

7スタッドと逆にローカード優先のゲーム。考え方はローボールと同じ。ベット手順は7スタッドと同じ。7枚中5枚のカードを選択して勝負。

ローボール

普通と逆にローカード(低いランクのカード)優先のゲーム。ワンペアなどの手役があってはまず勝てません(ただしフラッシュと ストレートは手役とみなさない)。手の内のハイカードのランクの低いほうが勝ちます(Aは最低ランク)。ベット手順はドローAnythingと同じ。

パイナップル

テキサスホールデムの変形ルール。最初に2枚配るところを3枚配って、そのうち1枚を捨ててからベット開始するゲーム。 ホールデムよりは手役が高くなります。

Guts(ガッツ)

それぞれのプレーヤーに2枚のカードが配られた後、プレーヤーはプレイから身を引くことができます。ポットは残ったプレーヤーの 一番高い手の人のものになります。そして休憩していたプレーヤーの中で参加を求める人は勝者が持ち帰るポットに入れなければなりません。 最も高い手はエースのペアなどです。(ぺアと高いカードのみ数える) ただ1人のプレーヤーが参加した時がゲームの終わりになり、ポットを回収できます。ホームポーカーはガッツのバリエーションの枝分かれした タイプです。私達の好きなバリエーションは“ポーカー・マイク”で3枚のカードを配り、1枚のカードを左のプレーヤーに渡すというものです。 (そして、残りの3枚のカードで一番い手を組み立てます)

インディアン・ポーカー

最初にアンティを全員が出し、1枚ずつ配る。各自はそのカードを見ないで自分の額(ひたい)に外向けに掲げる。つまり自分のカードは 見えないが他人のカードはすべて見えることになる。ディーラーポジションの左の人からベットを開始する。ベッティングラウンドは 1ラウンドだけ。ハイカードを持った人が勝ちます。 人の手にAがあっても強気でレイズして降ろさせることもできるが逆もある。心理戦が面白いポーカーです。

3−5−7

3枚のカードが配られて、プレーヤーはパスするか続けるかを決めなければなりません。そしてディーラーの左側のプレーヤーからゲームを 始めます。最初のラウンドでは3がワイルドで、スリー・オブ・ア・キング最良の手になります(次にいいのは、ハイカードに続くペアです)。 これらの全ての中から彼らのカードをお互いに見せ合って、勝者が敗者と同じ金額のポットを手に入れます。もし1人のプレーヤーだけが 参加しているか、同点があった場合、プレーヤーは(同点のプレーヤーも加えて)“Leg”(チップ)を増やします。 そしてさらに2枚のカードが配られ(全員に)、今度は5がワイルドになります。そして再び、プレーヤーはパスするか参加するかを決めて、 前と同様に一番高い5枚のカードの手でポットの勝者を決めます。最後のラウンド:さらに2枚のカードが全員に配られ、今度は7がワイルドに なります。同じ様にプレイして最も高い5枚のカードの手がポットを勝ち取ります。3legs(チップ)がさらにポットを勝ち取ります。 プレーヤーの最大人数は7人です。

アナコンダ

各プレーヤーは7枚のカードを配られて、そのうちの3枚を捨てるか、左のプレーヤーに渡すかしなければなりません。その後、彼らは、 2枚のカードを捨てるか左側のプレーヤーへ渡すかします。同じ様にもう一度、今度は1枚のカードを捨てるか左のプレーヤーに渡します。 次に2枚のカードを中央に捨てます。(本当の捨てカードです)それぞれのプレーヤーは残りの5枚のカードをスタックに並べます。そして 示してもらいたい順番にそれらのカードを注文します。それぞれのプレーヤーがかれらのトップのカードを公表します。そして賭けます。 スタックの次のカードが明らかにさられます。賭けます。そして最後の手が明らかにされるまで続けます。最高&最低値のポット(最高と 最低の5枚のカードの手)があります。 ほかのバリエーションでは、チルコーツ(Chilcoot’s)はチェックアウトするためのものとして楽しんでいます。

フォロー・ザ・クィーン

クィーンをワイルドにすることを除いては7カード・スタッドと同じです。もしクィーンが表向きに配られたら、次のカードもまたワイルドと して配られます(“トレーラー”(Trailer)と呼ばれています)。クィーン以外についてはプレイ中のたったひとつのワイルドカードとに なります。従って、もし他のクィーンが表向きで配られたら次のカードはワイルドで新しいトレーラーになります。最も高い5カードの手が 勝ちます。


© 2005 カジノジャパン・ネット
掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。