カジノロワイヤル - ジェームズボンド 007

作成日:2007/03/10
ジェームズボンドは、40年以上に亘りポップカルチャー、特にギャンブルの世界の象徴になっています。 彼は、無慈悲に敵と向き合い、高額な掛け金のカジノテーブルに座っている時でももの静かに立ち振る舞い、また女性に対する絶対的な自信を持った冷静の権化として描写されています。
命を脅かす状況下での彼の冷静沈着な立ち回りは、数多くの小説の様々な人物に取り入れられ、実際にこのような人物を模倣したり、さらにはこのようなポーカープレーヤーさえ見受けられました。 このカジノロワイヤルは007ジェームズボンドシリーズの最新版で、イギリスでは2006年11月16日、アメリカ、カナダでは11月17日、日本では12月1日に公開され、2006年度中には世界中で公開されました。

ジェームズボンド

ジェームズボンドのキャラクターは、1952年にイギリスのスパイ小説を数々著作していたイアン・フレミングによって創作されました。 1962年に最初のシリーズ映画「ドクター・ノー」がショーン・コネリー主演で公開され、1967年までの5作でショーン・コネリーがジェームズボンドを演じました。 そしてコネリーに代わり、ジョージ・レゼンビーが彼にとって最初で最後のジェームズボンド「女王陛下の007」が1969年に公開されました。ところが 1971年には再びショーン・コネリーが彼にとってボンド6作目の「ダイヤモンドは永遠に」に復帰します。そしてシリーズ外の「ネバーセイ・ネバーアゲイン」で1983年にショーン・コネリーは再び復帰しています。 1973年から1985年まで13年間ロジャー・ムーアがジェームズボンドを演じることになり、シリーズ上最長となりました。 58歳という年齢を理由にムーアはジェームズボンドを引退し、ティモシー・ダルトンにバトンタッチし、「リビング・デイライト」(1987年)、「消されたライセンス」(1989年)の2作が製作されました。 1995年の「ゴールデンアイ」からピアース・ブロスナンがジェームズボンドとして活躍し、彼にとって4作目の2002年「ダイ・アナザー・デイ」を最後にジェームズボンドを卒業しました。

カジノロワイヤル

1962年以来シリーズを製作しジェームズボンド映画の権利を有するイオン・プロダクションが、2005年、シリーズ第21作目にあたる「カジノ・ロワイヤル」に6代目ジェームズボンドとしてダニエル・クレイグを起用すると発表しました。 この映画は、最初のジェームズボンド小説である1953年のイアン・フレミングの原作をもとに製作されています。 実際これはカジノロワイヤルの3度目の脚本となります。というのも、1954年にジミー・ボンドとしてバリー・ネルソン主演でCBSにより短編ドラマ化され、また1967年には小説とはかなりかけ離れた映画がウッディー・アレンなどの出演で製作されているからです。

ストーリー

この映画では、ジェームズボンドの若かりし頃の007として成長していく過程が描かれています。彼の最初の2件の殺しの後、ボンドは「殺しのライセンス」を持つイギリス諜報機関のMI6内の「00、ダブルオー」のメンバーに正式になります。 この映画ではこれまでのジェームズボンドのイメージとは異なり、本来のジェームズボンドを、彼のキャラクター、情緒面、失敗などに焦点を当て解き明かしていきます。 この映画での悪役のル・シッフルはテロ組織と通じる死の商人で、テロを起こし株式市場での大儲けを企みるも、ジェームズ・ボンドに直前で阻止され、1億ドル以上の大損。自分の命を守り、大金を取り戻すためにル・シッフルはモンテネグロのカジノロワイヤルのテキサスホールデムで勝つことを試みます。ル・シッフルの思惑を阻止するために、イギリス諜報機関のMI6はカードゲームに通じたボンドを派遣し、緊迫したポーカーゲームが繰り広げられていきます。 監督のマーティン・キャンベルはこの映画の後半部分では、特にフレミングの小説をできる限り忠実に表現したと言っています。ボンドが裸で、座る部分を取り払われた椅子に座り縛り付けられ、ル・シッフルが男性には耐え難い、見難い拷問を行う小説でのシーンまでも忠実に表現しています。 この映画の脚本家のひとりのロバート・ウェイドはこう言っています。「映画館では多くの男性諸君が凍えあがるだろう。」

ギャンブルと007

ギャンブルシーンはジェームズボンドの数々の武勇伝のうちで、また特にカジノロワイヤルでは、とても重要な役割を果たしています。イアン・フレミングがカジノロワイヤルを執筆した当時、50年代はバカラが高額掛け金ゲームの主流でした。

今日では、高額な掛け金のゲームと言えば、バカラではなくテキサスホールデム・ポーカーが思い浮かびます。このポーカーでの掛け金が2000万ドル以上になることもあり得ないことでもありません。このような事から第21作目のボンド映画の製作者、脚本家はこの映画にぴったりのこのポーカーゲームにスポットを当てたのです。 製作者のひとり、マイケル・ウィルソンは、役者さんたちが実際にポーカーをプレーできるようにポーカースクールを開催しました。役者たちは、拳銃使い、乗馬、ドライビングなどと同様、映画のために予行演習を何度もする必要がありました。特にこの映画で、ボンドとポーカーテーブルを囲むために出演した9人の役者たちは、プロのポーカープレーヤーのような立ち振る舞いをするため、みっちり訓練を受けることとなったのです。 役者たちはプロのポーカープレーヤーを交えて、プレーテクニックやテーブルでのふるまい方を勉強していきました。たとえば、カードの正しい見方、特別なチップの扱い方、または積み上げ方、そしてカードの投げ方などを習得しました。本物のポーカーゲームに見えるように、それぞれの役者たちは独自のプレースタイルを確立していったのでした。 彼らは映画で設定されたポーカープレーを練習しただけではありません。この映画の準備の一環として、ポーカートーナメントにまで参加し、その技量を高め、ゲームにより精通していきました。 このような涙ぐましい努力の末、すべての役者たちはとてもすばらしいポーカープレーヤーにと進化していきました。共演者、映画クルーたちは、映画撮影の合間にポーカーテーブルを囲み、撮影後にもこんこんとテーブルを囲んだそうです。