バカラのルール

作成日:2007/02/19
オンラインバカラは、人気が高まっているオンラインカジノゲームです。バカラのルールには、一見複雑で厳格なガイドラインがありますが、実際は簡単にバカラを覚えることができます。全くの初心者の場合は、バカラのルールを覚える必要すらありません。ディーラーとプレイヤーのアクションがあらかじめ決められているため、ハンドの開始前に賭けをするだけで結構です。

ただし、お金を賭けているときは、ルールを知っておいた方が良いでしょう。バカラの公式ルールは、ほとんどのネットカジノやバカラ専用のサイトで検索できます。 インターネットバカラに関するその他の情報や説明については、オンラインギャンブルやゲーム専用のオンラインサイトや雑誌で検索できます。これらのサイトでは、攻略法やさまざまなカジノゲームの遊び方のヒントを提供しており、バカラの遊び方を覚えるための貴重な情報源です。

バカラの遊び方
バカラは、バンカー(カジノ)またはプレイヤーのどちらが勝つかを当てるゲームです。 さらに、バカラテーブルの周りに集まった14人までの人が、バンカーまたはプレイヤーのどちらが勝つかを賭けることができます。

バカラの勝敗は、配られたカードを合計した下一桁が9に近い方が勝ちになります。 下一桁が9を超えることはありません。プレイヤー(またはバンカー)のカードの合計が10以上の場合は、累計から10を引きます。

バカラでのカードの数字:エース = 1、 2〜9 = 絵札の数、 10〜キング = 0。 例えば、4-Dのハンドの合計は4(4+0)となり、8-7の合計は5(8+7=15。 15-10=5)となります。

上記のとおり、バカラでは、厳格な手順に従います。 バカラ ゲームの開始時には、バンカーもプレイヤーも2枚のカードが裏向きに配られます。プレイヤーかバンカーの最初の2枚のカードの合計が8か9(ナチュラルと呼びます)の場合は、ハンドを表に向けて、9に近い手が勝ちとなります。プレイヤーとバンカーのカードが同じ数字であれば引き分けとなり、ベットはプレイヤー戻されます。

最初の2枚でどちらにもナチュラル(8か9)が出なかった場合は、プレイヤーのカードの合計に応じてゲームの展開が決まります。プレイヤーのカードの合計が6か7の場合は、3枚目は引きません(スタンド)。プレイヤーのカードの合計が6、7以外の場合は、3枚目を引かなければなりません。

この次はバンカーの順番です。
バンカーの2枚のカードの合計と、プレイヤーの3枚目のカードの数に応じて、バンカーが3枚目を引くかどうかが決まります。
バンカーのカードの合計が7の場合は、3枚目は引きません(スタンド)。
バンカーのカードの合計が6で、プレイヤーの3枚目のカードが6か7の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。
バンカーのカードの合計が5で、プレイヤーの3枚目のカードが4〜7の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。
バンカーのカードの合計が4で、プレイヤーの3枚目のカードが2〜7の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。
バンカーのカードの合計が3で、プレイヤーの3枚目のカードが8以外の場合、バンカーは3枚目のカードを引きます。
バンカーのカードの合計が2以下の場合は、プレイヤーの3枚目のカードに関わらず、バンカーは3枚目のカードを引きます。

バンカーは、3枚目のカードを引いてからカードをひっくり返します。持ちカードの合計が9に近い方が、勝ちとなります。

オンラインバカラのメリット
オンラインバカラは、オンラインプレイヤーにとって複数のメリットがあります。 先ず、オンラインバカラサイトでは、プレイヤーに多額のボーナスやコンピュータ プログラムを提供しています。 次に、オンラインバカラサイトでは、ゲームや得点の記録方法の無料チュートリアルを提供しています。 また、多くのオンラインバカラサイトでは、プレイヤーがこの伝統的なゲームを試すことのできる、「フリーゲーム」バカラ テーブルを用意しています。