ネットカジノへの入金方法:ネッテラー (NETeller)

作成日:2007/01/16
実際のお金を賭けたい場合は、ネットカジノからチップを購入することになります。問題なのは、どうやって購入金額をカジノ側へ送金するかということになります。その手段はいろいろあるわけですが、最も簡単かつ多くの人が選択している手段はカジノからチップをクレジットカードで購入することです。しかし、最近ではクレジットカード会社が、オンラインカジノからの購入を認めていない場合が多く、拒否されてしまいます。

そこで登場したがネッテラー(NETeller)です。実質的にはオンラインカジノ専用バンクとして機能していますが、建前上、単なるいちオンラインバンキング的存在として設立されているので、クレジットカード会社から見れば、「クリーン」な会社というわけで、クレジットカードで購入できる場合が多いです。しかしこれも最近では駄目なケースが増えてきました。そこで究極の手段として登場したのがePassporteです。ePassporteはネット上で持つことのできるバーチャルVISAカードです。

直接クレジットカードで購入できればそれが一番簡単なのですが、出来ない場合はネッテラーやePassporte等で一度迂回してから入金するというのが一般的となっています。ただし、引き出しの場合はネッテラーをお勧めします(理由は後述)。従いまして、オンラインカジノライフを楽しむには、ネッテラーアカウントが必要です。説明していきましょう。

ネッテラー (NETeller)
ネッテラーというインターネット上の銀行サービスがあります。PayPalをご存知の方はPayPalと同じものお考え下さい。 ネッテラーは一切支店などを持たない、ネット上だけの銀行口座で、入金する場合はクレジットカードや電信送金などを利用します。

実はオンラインカジノ界では、ネッテラーが非常に重宝されます。理由は二つあります。一つは冒頭にも書きましたが、チップ購入の際、直接ネットカジノサイトでクレジットカードを使用すると拒否されてしまう場合が多いが、 ネッテラーはカジノサイトではないので拒否されない場合があるということです。つまり、まずネッテラーにクレジットカードで100ドル入金します。そしてネッテラーの口座からカジノサイトへ同じ100ドル送金します。間にネッテラーというカジノとは無関係の機関をワンクッション置くこで、無事オンラインカジノサイトへの入金が出来る‥‥というわけですね。

もう一つのメリットは(実はこちらの方が重要)、払い戻し(換金)時です。ネットカジノの多くは払い戻し手段として電信送金や小切手などを指定しています。ですが、電信送金はやはり手数料が高く、小切手もまた同様に手数料(1枚数千円!!)がかかり、せっかく100ドル勝ったとしても実際に手元に送金したら半分になっていた‥‥なんてことが起きてしまいます。そこでネッテラーです。ほぼ全てのオンラインカジノは払い戻し(換金)先にネッテラーの口座を指定することが可能です。嬉しい事にオンラインカジノ側からネッテラー口座への払い戻しには手数料がかかりません。次にネッテラー口座から日本の口座への資金移動ですが、これは銀行振込やデビットカードによる引き出しをサポートしています。銀行振込やデビットカードによる引き出し(郵便局のATMで引き出せます)にかかる手数料は1,000円程度です。しかも、複数のネットカジノからの利益を全てネッテラーに送金してもらい、ある程度ネッテラー口座の残高が貯まってから一括して引き出せば、かかる手数料は1回だけで済むというわけです。

口座維持手数料など一切かかりません。

近年、ネッテラーが完全日本語化し、非常に使いやすくなりました。俺はクレジットカードで直接入金出来るからネッテラーなんて要らないよという方でも、引き出しの時を考えたらネッテラーは必需品です。まずはネッテラーに登録して、アカウントを持っておきましょう。

http://www.neteller.com/


また、2006年より国内銀行への振込でネッテラーアカウントへの入金ができるようになりました。ただし、振込の際に「照会番号」なる特殊な情報を付与する必要があり、これに対応していない銀行ですとちょっと面倒です。また送金額に制限があり、使い勝手はいまひとつといったところでしょう。